ご商売に安心をお届けします

会社の成長や環境・時代の変化によって必要な保険も変わってゆきます。
法人・事業の保険には専門知識と経験が必要です。
長く事業用の保険を扱ってきたインスイレヴンが、必要なものをわかりやすくご提案をいたします。

トップ >>   一覧 >>   13 >>   建築業 賠償責任保険 変更

法人・事業の保険

会社をとりまくリスクはさまざまです。
最適のソリューションを豊富にご用意しております。

リスクから保険を探す

  • 従業員のリスク

    従業員・パート・下請けなどの労働災害によるケガや使用者賠償リスク、さらに病気補償制度など

  • 経営者のリスク

    経営者の万一の場合の借入金対策、事業継続資金。株主からの訴訟など

  • 賠償・危機管理のリスク

    事業活動に伴って発生する損害賠償リスク。工事、製造、食品など事業に対応。個人情報の漏洩

  • 財物損壊のリスク

    所有・使用・管理されている財物が、火災・風災・洪水・地震、輸送中の損壊などによる損害を受けた場合

  • 利益減少のリスク

    火災・風災・洪水などの事故により店舗や工場が損害を受けた場合の、営業休止を補償

  • 売掛金のリスク

    取引先が倒産や支払い不能になった場合のリスクに。国内、海外

  • 貿易貨物や海外製品のリスク

    製品・商品の輸出・輸入にともなう外航貨物の損害や海外PL責任など

  • 自動車運行のリスク

    自動車の所有・使用・管理に伴うリスクに輸送貨物のリスクに

業種特有のリスクから保険を探す

  • 製造業

    繊維、機械、金属製品、電気機器、化粧品 など

  • 販売業

    卸売、小売など

  • 建設業

    建築工事、土木工事、設備工事など

  • 飲食・食品業

    飲食店、食品製造・販売など

  • IT・コンテンツ業

    システム開発、情報サービス、コンテンツ作成など

  • 理美容業

    理容院、美容院、エステサロンなど

  • イベント業

    コンサートや各種イベント、各種行事など

  • その他

    ビルメンテナンス・警備補償・運送や他の業種にも対応

保険会社の対応や保険金支払に不満があるときは?

建築業 賠償責任保険 変更でお悩みの方へ(不満を感じる方へ)

保険会社の対応や、保険事故や支払事案が発生し、保険会社の対応や支払内容に不満がある場合は、下記機関にて相談を受けてくれます。
日本損害保険協会0120-107-808
海外損害保険協会03-5425-7854
生命保険協会http://seiho.or.jp
財団法人自動車事故紛争処理センター(自動車保険)

上記機関での相談の前に、もう一度、保険会社や保険代理店とよく話し合われると、お互いに誤解が解け解決策がみつかるケースも多いかと思います。

海外駐在員保険・海外留学生保険

建築業 賠償責任保険 変更でお悩みの方へ

海外へ出られる場合に、病気やケガをした場合に、病院への支払をどうしたら良いのか。
事故に合い捜索費用や救援が必要になった場合の費用はどうすれば良いのか。
他人に傷害を与えてしまって、賠償請求されたらどうしたら良いのか。
携行品や借りたアパートでの家財に損害が発生したらどうしたら良いのか。
等々の不安があろうかとぞんじます。

そのような場合を補償するのが、海外駐在員用保険・海外留学生用保険です。
駐在では家族も同行の場合も多く、留学とはニーズやリスクが異なる場合も多くあります。
そのため、保険会社では、一般的に駐在員用と留学生用を分けて、海外旅行保険をプランニングしてあります。
また、補償内容は保険料についても保険会社により若干の差異があります。
危険作業を伴う業務や、スカイダイビング等に危険スポーツをされる場合は割増保険料が必要となりますので、業務内容やスポーツ等についても申告していただく必要があります。

弊社ではご要望をお聞きしてプランニングを実施しております。

保険の理解

建築業 賠償責任保険 変更でお悩みの方へ

保険の営業の人から、保険の説明を聞いても、その時は判ったように思えても、後で考えると判らなくなると感じる方は多いのではないでしょうか。
保険を大きく次の4つの種類に分けてとらえると判りやすくなります。
○人の補償をするもの …生命保険・医療保険・年金保険や傷害保険、海外旅行保険など
○自ら所有・管理する財物を補償するもの …火災保険、地震保険、動産総合保険など。
○収益損失の補償 …利益保険や店舗休業保険、取引信用保険など
○他人の財物や家族や従業員以外の人など、第三者に損害を与えた場合の損害賠償を補償するもの
 …自動車の対人対物賠償責任保険、PL保険や各種賠償責任保険など
全ての保険は、これらの4つの補償が、用途にあわせ、単独またはセットされ設計されています。
代表的例は、3つがセットされた自動車保険、財物と収益損失、賠償の2つまたは3つがセットされた火災保険類などがあります。
上記4つのどの補償が、どのような対象に対し、どの場合に保険金が支払われるかを理解すると保険が把握しやすくなります。

事業用自動車保険の選び方

建築業 賠償責任保険 変更でお悩みの方へ

自動車保険は最も普及している保険の一つですが、事業用の自動車保険の保障内容設定には次の特徴を考慮することができます。
1)運転するのは基本的に役員・従業員に限定される
2)従業員の仕事中の傷害は、労災保険の適用が可能
3)会社で団体生命保険や労災上乗せ保険などに加入している場合にはその保障も受けられる
4)車両修理などは、経費として処理される
これらのことから、
運転者や搭乗者の死傷に対しては、人身傷害保険(治療費・慰謝料・休業損害の不足分補償型)に一本化することが保険料の節約になるでしょう。
車両保険は、免責金額(保険適用時の自己負担額)を5万円とか10万円に設定することによって、保険料の思わぬ節約ともなります。

また複数台あることによって、車両の入替等も頻繁に発生します。
9台以下所有のノンフリート等級制度が適用されている契約では、単に廃車した車に新しい車への入替処理をするだけでなく、無事故割引率の高い車に、新車で車両保険金額も高く割高になる車と入替、古くなり車両保険金額も安くなり割安になった車を廃車した車へ入れ替えることこも可能です。
(なお10台以上のフリート等級の適用される自動車保険は、全車両での損害率により割引率が決定されるのでこのような入替処理は不要)

また、各種特約なども企業実態にあわせて検討することが必要となります。
これらのことを考慮して、自動車保険設定をするには、保険を良く知っている専業の保険代理店がお役に立つかと存じます。
具体的プランはお客様の実状をお聞きしてご提案いたします。