ご商売に安心をお届けします

会社の成長や環境・時代の変化によって必要な保険も変わってゆきます。
法人・事業の保険には専門知識と経験が必要です。
長く事業用の保険を扱ってきたインスイレヴンが、必要なものをわかりやすくご提案をいたします。

トップ >>   一覧 >>   58 >>   工事保険 デメリット

法人・事業の保険

会社をとりまくリスクはさまざまです。
最適のソリューションを豊富にご用意しております。

リスクから保険を探す

  • 従業員のリスク

    従業員・パート・下請けなどの労働災害によるケガや使用者賠償リスク、さらに病気補償制度など

  • 経営者のリスク

    経営者の万一の場合の借入金対策、事業継続資金。株主からの訴訟など

  • 賠償・危機管理のリスク

    事業活動に伴って発生する損害賠償リスク。工事、製造、食品など事業に対応。個人情報の漏洩

  • 財物損壊のリスク

    所有・使用・管理されている財物が、火災・風災・洪水・地震、輸送中の損壊などによる損害を受けた場合

  • 利益減少のリスク

    火災・風災・洪水などの事故により店舗や工場が損害を受けた場合の、営業休止を補償

  • 売掛金のリスク

    取引先が倒産や支払い不能になった場合のリスクに。国内、海外

  • 貿易貨物や海外製品のリスク

    製品・商品の輸出・輸入にともなう外航貨物の損害や海外PL責任など

  • 自動車運行のリスク

    自動車の所有・使用・管理に伴うリスクに輸送貨物のリスクに

業種特有のリスクから保険を探す

  • 製造業

    繊維、機械、金属製品、電気機器、化粧品 など

  • 販売業

    卸売、小売など

  • 建設業

    建築工事、土木工事、設備工事など

  • 飲食・食品業

    飲食店、食品製造・販売など

  • IT・コンテンツ業

    システム開発、情報サービス、コンテンツ作成など

  • 理美容業

    理容院、美容院、エステサロンなど

  • イベント業

    コンサートや各種イベント、各種行事など

  • その他

    ビルメンテナンス・警備補償・運送や他の業種にも対応

保険代理店とは (代理店資格と弊社に依頼するメリット)

工事保険 デメリットで・・・

知らない代理店から保険に加入しても今後の対応が心配なので、なんとなく今の代理店から保険を継続しているという方や、ネットから保険会社や代理店を選んでもしっかり対応してくれるのか心配という方も多いのではないでしょうか。
また、保険代理店は、とのような立場で保険の営業をしているのか、保険会社社員との違いなどの疑問をお持ちの方も多いかと思います。

保険業界は、保険会社は、商品開発・保険金支払い業務等を中心におこない、代理店や募集人は、保険の直接営業業務を中心に行うことと、分けられて成り立っています。そのなかで保険代理店は、所定の資格試験に合格したうえで、保険会社と業務委託契約を結んで保険会社の管理下にて業務を行っています。また、金融庁にも届出をおこない、保険業法、金融商品の販売等に関する法律 など多くの法律に厳格に規定され業務を営んでいます。保険代理店の従業員も、保険の営業・募集・説明・契約業務にかかわるものすべては、、所定の資格試験に合格したうえで、保険会社や金融庁にも届出をおこない営業活動・保険の説明を行っています。それ以外のものは、保険の募集も説明もしてはいけないことになっています。違法行為となります。

ただどの会社も担当者も最後はその人間性に裏打ちされて信頼を与えられていると思われます。特に保険は目に見えない商品です。
弊社は、店主が専業で保険代理店を初めてから30年間にわたり、お客さまの信頼をいただいています。
ご契約後の対応も誠意をもって行っております。ご質問、内容変更のご依頼、事故の受付、満期更新のご案内 等々誠実に対応してまいります。
弊社に安心してお問い合わせ、保険のご加入を行っていただければと存じます。

企業用賠償責任保険

工事保険 デメリットでお悩みの方へ

賠償責任保険とは、ユーザや近隣の方、一般大衆など、企業を取り巻く‘第三者へ損害を与えた場合’のその法律的損害を補償する保険を指しています。
企業には、その社会的活動の広さや業種により各種の‘第三者’への潜在リスクが考えられます。
そのリスクに合わせ、保険種類も多く存在しています。
整理すると下記のようになります。

■どの企業活動にも一般的に当てはまるもの
・施設賠償責任保険・・・建物の所有・使用・管理に伴うお客様や近隣への‘第三者’への賠償責任を補償。
・個人情報漏洩保険・・・お客様の個人情報を漏洩にともなう賠償責任を補償。
・会社役員賠償責任保険(D&O)・・・株主代表訴訟等により会社役員が損害賠償請求された場合を補償。
・使用者賠償責任保険・・・従業員の方が労働災害で死傷され、労災保険を上回る賠償責任が発生した場合を補償
・従業員の不正行為や不当解雇やパワハラセクハラにより会社が訴えられた場合の補償(一部保険会社が取り扱い)

■業種により必要となるもの
・生産物賠償責任保険(またPL保険)・・・製造・販売した製品、食品、工事完成物、メンテナンス完了物などの欠陥による‘第三者’への賠償責任を補償
 ⇒製造業、販売業(小売・卸売・ネットショップ等)、食品業、印刷業、旅館業、建設業、メンテナンス業等
・海外生産物賠償責任保険(また海外PL保険)・・・・・・海外に輸出された製品による賠償責任を補償
 ⇒海外へも輸出される製造業
・請負業者賠償責任保険・・・施工中やメンテナンス中、警備中の‘第三者’への賠償責任を補償
 ⇒建設業、メンテナンス業、警備保障業
・IT事業者用賠償責任保険・・・作成したシステムやサービスの欠陥等により、ユーザや取引先に損害を与えた場合の賠償責任を補償。
・ソフト開発会社、データ管理会社、コンテンツ作成会社等IT事業者
・運送業者賠償責任保険・・・受託貨物に損害を与えた場合の荷主に対する賠償責任を補償
 ⇒運送業
・自動車管理者賠償責任保険・・・管理人で管理する駐車場で、受託した自動車に損害を与えた場合の賠償責任を補償
 ⇒駐車場管理業
・理美容エステ賠償責任保険・・・理容院、美容院、エステティックサロンでお客様に傷害等を与えた場合の賠償責任を補償
 ⇒理容院、美容院、エステティックサロン
・医師賠償責任保険・・・医療過誤による賠償責任を補償
 ⇒医師、歯科医
・他各種

実際の商品は、業種別に、上記リスクをパッケージされた商品も各保険会社より発売されています。
これらも、保険代理店・保険会社の担当者と、業務内容、潜在リスク、不安点などを良く打合せをされ、保険内容もご検討されご加入されることが、後悔しない契約には必要となります。

工事保険 デメリットでお悩みの方へ

保険用語

工事保険 デメリットでお悩みの方へ

保険用語では次の7つを押さえると、言葉の混乱をしないで保険を理解しやすくなります。
・保険期間…保険が有効な期間、保障期間のことです。1年、10年間、終身などがあります。
・保険金額…保障または補償される金額のことです。死亡保険金額:1億円とか、火災保険の建物の保険金額:3000万円などとなります。自動車保険の対人賠償は‘無制限’が一般的です。賠償責任保険では、てん補限度額とも表します。
・保険料…保険を買うためのお金のことです。掛金とも言います。
・保険金…事故や病気・死亡などが発生し、保険会社が支払うお金のことです。病気補償などでは給付金とも言います。
・被保険者…保障(補償)を受ける方のことです。火災保険では建物や家財の所有者が被保険者です。
・保険契約者…保険を契約する人で、一般的に保険料を支払う方です。保険契約者と被保険者は同一である必要はありません。
・保険金受取人・・・保険金を受け取る人です。一般的に被保険者が保険金受取人ですが、死亡保険などでは受取人を法定相続人などに指定します。賠償責任保険では、原則 被害者に支払われます。

そのほかにも疑問におもわれる言葉については、よく代理店の方に確認されることが、納得できる保険選択には大切です。

事業用地震保険

工事保険 デメリットでお悩みの方へ

『事業用の設備や建物は、地震補償(保険)は付帯できません』と、保険会社や代理店の人から言われたことはありませんか?
でも、付帯できます。

一般的に‘地震保険’と言うと、住居用の建物や家財にたるす地震保険を指してます。そして、店舗や事務所専用の建物や工場建物、それらの中の機械設備などはこの地震保険の対象から外されています。
しかし、このような事業所専用資産に対しても地震による火災や損壊があれば、事業の運営・復旧に大きなダメージを受けることは明らかです。
大手損害保険会社を中心に、事業所用建物(工場、ビル、店舗等)や機械設備、製品・商品に対しても、地震による損害補償を火災保険の地震拡張担保特約(地震補償担保特約)として引き受けています。引受けをしていない保険会社もあります。
その引き受け条件や保険料は保険会社により異なっています。

弊社の取扱い保険会社は引受けをおこなっています。
ご依頼をいただければ、プランをご提案いたしますので是非お申し付けください。